コラム

【知って安心!】追加請求が行われるカラクリとは?

相模原の屋根・外壁塗装会社のミヤビユニアローズです。

塗装の業界でよく聞くトラブルの一つに、追加請求があります。
見積もり金額は安価だったのに、後から高額な追加費用を求められてしまうという残念なケースです。

今回は追加請求が行われるカラクリについて、弊社代表の木下に聞きました。

■「これって正当?」追加請求の見分け方

残念ながら、ごく一部の会社さんによる悪質な追加請求トラブルが話題になることがあります。

また稀にですが、良心的な会社さんであっても、場合によっては追加料金が発生することもあります。

追加請求が発生した場合、専門的な内容になるので、それが正当なものか、正当な金額かどうかをお客様ご自身で見分けることは大変難しくなります。

ですので不当な追加請求トラブルを未然に防ぐには、最初の見積もりの時点で「信頼できる会社かどうか」を見極めることが大切なのです。

■どうして起こる?追加請求

現地調査の際、外壁は足場を組まずに調査することが多いので、ご契約後に足場を組んで上の方を見ると、想定以上のダメージがある場合が稀にあります。家にハシゴがかからなかったり、壁沿いに木がたくさん生えているために上がよく見えないケースでは、このような可能性があります。

一方で屋根は上に乗って調査するので、追加請求が発生することはあまりありません。

追加請求の可能性があるのは、現地調査でわからなかった部分だけです。

弊社は追加請求が発生する場合、きちんとお客様にご報告、ご相談し、納得いただけてから施工します。


■弊社であった実際の追加請求事例

•事例1:お客様は「壁は劣化が進んでいないから塗らなくていいですよ」というご要望でしたが、実際に足場をかけて壁を見てみたら、日が当たる上の部分は劣化が激しく進んでいました。

•事例2:外観は綺麗でしたが、足場をかけて触ったところ、木部の破風が内部から腐食してプニプニのふ菓子のようになっていました。

•事例3:外観は綺麗でしたが、軒天の鉄部が指で押すだけで穴が空いてしまいました。

上記のような場合は、美観だけでなく機能性や安全性の観点からも、追加で工事をオススメする場合があります。

■信頼できる会社を選ぶことでトラブルは防げる

不当な追加請求トラブルを未然に防ぐには、「信頼できる会社かどうか」を見極めることが大切です。

これは、追加請求が発生する可能性を見積もり時にきちんと説明してくれるかどうか、質問にしっかり答えてくれるかどうかなどのポイントで判断できます。

弊社はお客様の目線に立って、現地調査やお見積もりの際も、専門用語ではなくわかりやすい言葉でお伝えしています。

また、追加請求トラブルでは、先に工事をしてしまってから「追加料金が発生しました」と言って高額の費用を請求されるようなケースもあるようです。

弊社は万が一追加工事が必要な箇所があった場合も、お客様ご自身が必要な工事かどうか納得できるまで、事前にしっかりと説明してから施工します。

塗装工事は金額が大きいので、追加請求が発生しないかどうか、ご不安になる方も多いと思います。お客様の疑問にもきちんと答えてくれる、信頼できる会社を選びましょう!

 

住宅を美しく安全に保つため、塗り替えは10年に1度のタイミングで行うことをおすすめしています。

ミヤビユニアローズは、外壁、屋根、ベランダと総合的な塗装業務を請け負っています。
地域に根差した会社として、急な工事にも柔軟に対応させていただきます。
相模原での塗装のご依頼は、ぜひミヤビユニアローズにご連絡ください!

コラム一覧へ戻る