コラム

なぜ外壁塗装をするのか?その理由が分かればトータル的なコスト削減にも繋がる!

相模原の屋根・外壁塗装会社のミヤビユニアローズです。

皆さんはなぜ屋根・外壁塗装が必要なのか、ご存知でしょうか?
その理由が分かると、結果的にコストの削減にも繋がります。

今回は屋根・外壁塗装をする理由について、弊社代表の木下に聞きました。

■屋根・外壁塗装をする2つの大きな理由

まず1つめの理由は美観です。

屋根や外壁は経年劣化によりどうしても美観が損なわれます。塗装工事によって見違えるように美しくなり、まるで新築のようなリフレッシュした気分で暮らすことができます。

2つめの理由は、機能的な問題です。

経年により錆やコーキングが劣化すると、機能や安全性に問題が出てきます。外壁が腐蝕すると下地まで悪くなってしまうケースもあるので、それを防ぐためにも塗装工事が必要です。

■屋根・外壁塗装の適切なタイミングは?

基本的に、約10年ごとの塗り替えをオススメしています。

家や場所、作りによっては適切なタイミングも変わります。例えば海沿いの場合、鉄部が劣化しやすいので、より早めの時期に塗り替えることをオススメします。

■塗装工事、適切なタイミングを逃すと…

10年ごとの塗り替えのタイミングが、例えば15年後になってしまうと、より劣化が進んでいることで、更なる手間や費用がかかります。

屋根塗装の場合、前回の塗り替えから15年経つと、鉄部に穴が開いたり、錆が侵食してしまいます。コーキングに腐食で大きな穴が空いてしまったり、ひび割れが酷くなり、内部に雨が侵入してしまうこともあります。木の下地で組んでいる場合、腐ってしまうことも考えられます。

外壁塗装の場合も、外壁が水分を含むようになり、そのために様々な部分の劣化が進んでしまいます。

深刻な劣化になると、一般的な方法では治せないケースが発生し、通常の塗装工事では終わらなくなります。手間がかかる分、費用も高くなります。

このような事態を防ぐためには、10年ごとの適切なタイミングで屋根・外壁塗装をすることが大切です。

■早めの工事でコストも削減!

外壁塗装をする理由が分かると、結果的にコスト削減にも繋がります。

住宅を美しく安全に保つため、塗り替えは10年に1度のタイミングで行うことをおすすめしています。

ミヤビユニアローズは、外壁、屋根、ベランダと総合的な塗装業務を請け負っています。
地域に根差した会社として、急な工事にも柔軟に対応させていただきます。
相模原での塗装のご依頼は、ぜひミヤビユニアローズにご連絡ください!

コラム一覧へ戻る