コラム

一見屋根に見えるけれど・・・【相模原市の屋根塗装事例】

相模原市で外壁・屋根塗装を行なっているミヤビユニアローズです。
今回は、20年メンテナンスをしてこなかったお客様からご依頼を受けました。

その屋根の色、本当に屋根材の色ですか?

まず20年塗り替えを行なってこなかった屋根を見ていただきましょう。

苔はかなり目立つものの・・・スレート屋根はそこまで劣化していないという印象を持つ方もいるのではないでしょうか。

では次に、高圧洗浄後の屋根の写真を見てください。

真っ白になってますね、そうなのです。
この色が20年メンテナンスを放置した屋根そのものの色なのです。

高圧洗浄前に、黒っぽい屋根の色をしていましたが、その正体は”汚れ”です。
汚れと苔で屋根の色の変化に気づかないということは珍しくありません。

この屋根が白くなっている状況は、防水機能が激しく低下し水分を含みやすくなっている状態です。
雨がふると、翌日になっても屋根が湿った状態になっているという場合は、屋根材が劣化し防水機能が落ちているというサインだと考えましょう。

スレート屋根の防水機能が低下した末路

スレート屋根が水を含むようになると、雨のたびに水を含んで、乾燥してを繰り返します。
そのうちに、スレート屋根の劣化が進みバリバリになってしまいます。
この状態になるとひどいものは手で簡単に破れてしまうくらい弱くなります。

スレート屋根が水を含むようになると、下地まで水が浸水するようになりいよいよ屋内への雨漏りが始まります。

屋根は沈黙の部位!?

肝臓が沈黙の臓器と呼ばれるのは、皆さん聞いたことがあると思います。
症状が出る頃には既に手遅れになってしまっているのと同じように、屋根も階下からでは状況が分かりませんし、雨漏りする頃には下地までダメになっていることが多いことから、沈黙の部位だと言っても過言ではありません。

下地や梁まで影響を及ぼしてしまうと、
下地からやり直さなくてはいけなかったり(当然屋根の塗り替えで終えられることはありません)
最悪の場合シロアリが発生し、家の価値が大きく下がってしまう可能性もあります。
大事なことは、体と同じで予防をすること、早期発見をすること、これに尽きます。

一回の塗装では塗料を吸い込んでしまう

今回ご紹介する20年メンテナンスをしていないお宅では、雨漏りはしていなかったものの、スレートの表面が剥がれているために1回塗料を塗っただけでは屋根が塗料を吸い込んでしまう状況でした。

色を塗ったそばから、白っぽくなっているのが分かりますか?
結局、下塗り2回・上塗りを3回(計5度塗り)を行いました。
表園が綺麗になるまで塗る予定でしたが、上塗り3回目でようやく綺麗に仕上がりました。
ただ、通常より塗装回数を増やさざるを得なかったため、その分費用も多くかかってしまいました。

屋根塗装費用で約18万円(税別)です。
外壁塗装と合わせた約100万円(税別)で工事を行わせていただきました。
もちろん屋根”塗装”だけを行なった訳ではなく、
棟板金の抜けている釘を打ち直したり、補修作業もしっかりと行なっております。

高圧洗浄もトルネードに水を出して汚れを落と仕切る工夫を行なっています。

屋根塗装は、後手に回りがちです

普段から屋根の状態を心配されている方はあまり多くありません。
外壁にヒビが入っていたならまだしも、屋根のヒビは自分では確認できないので劣化に気づきにくいです。
そのため、何かあってから急いで相談を受けることが多いですが、何かあってからでは遅く、お客様も驚かれるほど費用が掛かってしまうことがあります。

理想は、10年経過したら屋根の状態を付き合いのある職人さんに見ていただくことをオススメします。
地元ですぐ動いてくれる会社(もしくは職人)と付き合っておく方が良いでしょう。

・何かあって時すぐ駆けつけてくれやすい。
・付き合いがある職人だと、現場調査を安心して任せやすい。

営業の強い塗装会社に相談すると、どうしても依頼する方向に持っていかれてしまったり、ごく稀ですが屋根を自分で踏み壊して依頼をさせようとする会社もなくはないからです。

ミヤビユニアローズは、相模原市のお客様を中心に屋根塗装を行なっているため台風などで心配事があったときはすぐに駆けつけさせていただきます。
そして、塗装一級技能士の代表木下自らが現場調査を行うため、正確な状況判断が可能です。

皆様の大切なご自宅を長きにわたり守っていける存在を目指しています。

コラム一覧へ戻る