コラム

外壁塗装のデザインについて

相模原の屋根・外壁塗装会社のミヤビユニアローズです。

屋根・外壁塗装の現場において「見本帳で見たイメージと違った」という言葉をよく聞きます。

よくお聞きする事例だと、見本帳では濃く暗い色というように見えたとしても実際に広く塗ってみると想像以上に明るくなってしまうことや、明るい色を選んだら思ったより明るくなりすぎて奇抜になってしまったというものです。

一度塗ったらだいたい10年くらいはその外壁と一緒に生活しなければなりません。「失敗した!!」と思ってしまったとしても、新しく塗り直しするためには同じことをもう一度行わなければならない為、コストや時間が大幅に掛かってしまいます。

こういった失敗例を起こさない為に多くの塗装会社ができる限り慎重にお客様とはヒアリングを重ね、慎重に外壁色を決めているのですが、この様な失敗例は後を絶ちません。

どうしてこの様な事態になってしまうのでしょうか?
我々、ミヤビユニアローズはその原因が見本帳にあると考えております。
実は外壁色を決める見本帳はお客様が見て独断で判断するにはあまりにも落とし穴が多すぎるのです。
そこで今回は私たちミヤビユニローズで外壁色の選定を「失敗してしまった!!」という齟齬をなくすために行っている取り組みをご紹介いたします。

屋根・外壁塗装に失敗しないために私たちが行っている取り組み

まずは見本帳に潜んでいる落とし穴についてご説明します。お客様が想像していたのと違うと感じてしまう根本的な原因は見本帳が小さいことだけでなく、見本帳の色は実際にペンキで広く塗ったものとは微妙にニュアンスが違うことです。

見本帳はプリンターで同じ色を出力しているために、ペンキで塗ったものとは同系色であっても質であったりテカリであったりが違うのです。

そこで私たちは無料でビニールを外の外壁に貼って実際にペンキで希望の色を1mほど塗るサービスを行っております。これをすることによりペンキの質感やツヤを感じることができて、大きく広げてみることができるのでお客様が完成イメージを想像しやすくなります。実際にお客様から伸ばしてみたら思ったより明るい色だった、全然質感が違った、と言う驚きのコメントもよくいただいております。

また、外で塗ることで太陽の光に当たった時にどのように見えるのかということもイメージしていただくことができます。部屋の中で蛍光灯の下色を見るよりも外で太陽の光がある中の方がこのペンキはどのような発色をするのか、太陽に当たるとどう変化するのかといったより実際の状況に近づいた色をイメージすることができるのです。

もし、一度雰囲気でも掴んでみたいという方はぜひご連絡ください。塗装後に塗り替えてよかったと思えるようなイメージ通りのカラー選びをお手伝いいたします。

よく失敗が起きている色の傾向

パステルカラーや蛍光色を使うと、施工したら想像と違ったという声をよくいただきます。艶のある明るい色は奇抜になりすぎるので実際塗ってみると派手すぎるように感じてしまいます。

もし、原色系の色がよかったらその色のつや消しをすることでかなりトーンを抑えてより家の外壁にフィットするようになります。こちらも一度1mほど外で塗ってみることで容易にイメージがつくと思いますのでパステルカラー・蛍光色を考えていたお客様はすぐに施工に映らずぜひ一度当社のサービスをご利用ください。

ワクワクをそのまま喜びに変えたい

屋根・外壁の塗り替えは今まで住んできた家のデザインを一新して心機一転できる素晴らしい機会です。次はどんな外壁にしようかずっと考えている方もいらっしゃいます。そのようなワクワクをがっかりに変えるのではなく、やってよかったという喜びに変えることが私たちの仕事です。

代表の木下はこれまで20年間数えきれない塗装のデザインを行ってきました。過去にはお客様の強い要望があり塗装したけれども、塗装後に「イメージと違った」ということも正直ありました。
そう言った経験をもとに本当にオススメしない場合はしっかりとお伝えするようにしています。それでも強くご希望される場合は前述のビニールに実際塗ってみて確認いただけるようにしております。

もし、新しい外壁の色選びに悩んでいらっしゃったらぜひ私たちミヤビユニローズにご相談ください。

コラム一覧へ戻る