コラム

外構工事もお任せー相模原市の塗装会社ミヤビユニアローズ

この記事をご覧の皆様。
初めましての方は初めまして。
相模原市を中心に外壁塗装・修繕を生業としているミヤビユニアローズです。

今回は弊社の外構工事のノウハウをご紹介したいと思います。
外壁だけでなく外構も家の表情を豊かにするためには常に清潔さを保っておきたい箇所でもあります。
しかし、経年劣化とともにそのまま放置をしてしまう方がいらっしゃいます。
外構工事は外構工事単体でご依頼をいただいても良いですし、外壁塗装と併せてご依頼をいただいても構いません。

外構工事は専用の塗料を使用する場合がある

「外構」と「外壁」の塗装では基本的にはやることは一緒です。
洗浄から進めていき、下塗りから中塗り、そして最後に上塗りをしていく過程を得て、塗り替えていきますが、
大きく違う所といえば、下塗りの塗料が違うということです。
詳しくご説明しますと、外構によく使用されるブロック塀の下塗りはそれ専用の塗料があります。
外壁と下塗り材とブロック塀の下塗り材の大きく違う所は「通気性」です。
ブロック塀は塀自体に水分を含んでおり、気温や湿度によってその水分が塀の中かから外に放出されたりします。
仮に下塗り材が通気性をシャットアウトするものを使用してしまうと、塀の中の水分が外に逃げることができなくなり、塀が膨らむ原因となります。
それを回避するためにブロック塀の塗装はそれ専用の下塗り材を用いるわけですが、もしDIYなど自分で外構塗装をしたいという方は、その点も考慮して塗装をおこないましょう。

外構塗装

それでは弊社が実際に塗装した外構工事の様子をお伝えします。

・befor
上記の写真は施工前の状態です。
写真の左側に雨だれの跡が見えると思います。こういった汚れは全体の印象を重くしますので、できればコマメにお手入れをしていきたいところです。

・下塗り
上記は下塗りの様子です。
先程も、ご説明した通り専用の塗料を使用していきます。


・中塗り~上塗り
中塗りから上塗りへと進み仕上げていきます。

・after
これで完成です。
塗料職色には大きな変化はありませんが、やはり塗り替えると、明るくすっきりした表情になりますね。

以上が塀の塗装工程になります。
ほかにも柵なども外構工事の中に含まれます。

・befor

・after

コチラも一旦ケレン作業を行い、柵を磨き上げきれいにした後に、さび止めも要素も含んでいる塗料を塗って完成させます。

外構は近所の方にもよく目に入る部分ですので、塗装をしてきれいな状態を保ちたいところです。
是非、外構が汚くなったなぁと感じたり、そろそろお手入れを考えていらっしゃる方がいましたら、ミヤビユニアローズへお問い合わせ下さい。

コラム一覧へ戻る