コラム

相模原市 ベランダ防水塗装 【2018年 12月】

相模原市を拠点に塗装業を行なっているミヤビユニアローズです。
今回は12月に相模原市で施工したベランダ防水塗装をご紹介します。

―現場確認―

この日は雨で、ベランダが漏れてしまっていました。
FRPを下地に止めるがねじ釘が正しく打たれておらず、下地から浮いてしまっています。
その状態で人が踏んだため、釘も浮いてしまったと考えられます。

―FRPの浮きの解消―

既存のFRPと下地が浮いているところに釘を大量に打ち込み、浮きをなくしました。
(写真を見ると、釘のまわりに穴が空いているところがありますが、これが浮いている原因です)

そのあとをあらためて見ると、勾配になっているのがわかります。
釘を打ったことで床が下がったため、できた勾配です。
この勾配を樹脂で埋め、釘のまわりにできてしまっていた穴も埋めました。

―ガラスマットと樹脂、脱泡―

FRPの浮きが解消できたら、下塗りを行い、ガラスマットをひきます。
ガラスマットを引いた後は 「脱泡」といって、中に入った空気をローラーを使って抜く作業をします。

そのあと樹脂を塗ります。
その上にガラスマットをもう一度引き、再び樹脂を塗って脱泡を行います。
そしてもういちど樹脂を塗ります。

―トップコートー

最後にトップコートを塗って完成です。

―端末シーリングー

サッシの下からも水が入りこむので端末シーリングを行っていきます。
端末シーリングとは、気密性や防水性を確保するために、壁面と床の間など部材と部材の間をシーリング材で埋める作業のこと。

下が仕上がりの写真です。

いかがでしたでしょうか。

耐水性に優れたFRP防水加工ですが、適切な措置をしていないと効果がなくなってしまいます。
ベランダの防水でお悩みの方はぜひ、ミヤビユニアローズにお問い合わせください。

コラム一覧へ戻る