コラム

相模原市 屋根塗装 【2018年 10月】

相模原市を中心に塗装業をしていますミヤビユニアローズです。
今回は屋根の補修塗装を行いましたのでご紹介します。
普段は目に尽きずらい屋根ですが、雨水や紫外線にさらされ、外壁と同様に日々塗膜が剥がれ、劣化していくので、
外壁と同様に定期的なメンテナンスが必要ではあるのですが、目に尽きずらい分、気づいたら塗膜は剥がれ落ち、部材自体に深刻な劣化が及んでいるケースがあります。

現場確認時


今現場も定期的なメンテナンスを怠ってしまったために、あまりにもサビている状態でした。
雨漏れはしていないものの、このサビの状況だと、腐食して穴があくのも時間の問題。早急な対応が必要な現場でした。

施工内容

まずは下地処理。サビをしっかり落としていきます。
次は錆止めを塗ります。

ここまで錆びていると普通の錆止めだと持たない可能性があるので、
普段よりも強めの錆止めをご提案しました。
錆止めを塗った後は、中塗り、上塗りを行います。

またトタン屋根はナットから錆が進行することもあるので、
ナットにボルトキャップをつけることで、ナットに直接雨が当たらないようにし経年劣化を防ぎます。

いかがでしたか?
トタン屋根は定期的なメンテナンスを怠ると、
サビやすく、最悪の場合は穴が開いてしまうケースもあります。
そうなる前にミヤビユニアローズにお問い合わせ下さい。

コラム一覧へ戻る