コラム

相模原市で外壁塗装をするならここ!魅力をご紹介!

ミヤビユニアローズは相模原市南区北里を拠点に構える塗装会社です。この度はミヤビユニアローズの会社と魅力について紹介していきたいと思います。

どんな会社?


弊社では主に2つの事業を展開しております。

一般住宅塗装

お客様のお住まいになる家々の外観等を様々なプランを持ってリフレッシュいたします。また、お住まいの塗装は長年日光や雨風、排気ガス、その他もろもろの刺激や汚れによって次第に劣化してしまう場合があります。そうした場合に塗装工事をすることは結果として、防水をはじめとした、お宅の保護へとつながります。一方でコーキングという、壁のタイルとタイルの継ぎ目や壁と窓枠との継ぎ目に流し込む防水剤も経年で劣化していきます。それらも塗装の延長線上で改めてお継ぎしていく工事も行なっております。

ビル・工場・各種防水工事

お客様のお持ちになるビルや工場、各種施設や建築物の防水工事をいたします。ビルやマンション、病院といった大型施設は歩行などの使用を目的とした屋根である場合が多く、防水剤の上を直接歩行され続けた結果、キズや歪みの発生などが起こります。そういったキズなどからコンクリートの保護を目的として防水工事をします。一方で、工場などでは大量の水蒸気や熱、直射日光による紫外線などの影響で脆くなっている恐れがあります。そういった建物の耐久性、保護力を上げる目的でも防水工事が行われます。

他にもリフォームに関する工事も多岐にわたって行なっております。

なぜ塗装が必要なの?

お家を守る保護機能

外壁塗装にはお家の保護機能があります。外壁塗装によって塗膜が張られると、夏の紫外線や台風・真冬の雪・土砂降りの雨・強風によって打ち付けられる黄砂、排気ガスなどによる科学的侵食などから、その塗膜がお家を保護してくれるのです。しかし、そんな塗膜も月日を重ねるごとに徐々に劣化し、剥がれたり、ひび割れたり、傷付いたり、汚れたりします。ひとたび塗膜が剥がれてしまうと、外壁材がむき出しになってしまいます。すると雨水や紫外線や砂などのダメージを直接受けてしまうので、外壁材自体のひび割れや雨漏り、最悪瓦解の原因にもなってしまいます。そのため、定期的な外壁塗装によって再度外壁に塗膜を形成するという方法で、お家を守る必要が出てくるのです。

お家をいつまでも美しく

定期的に塗装を行うことによって、家の美観を保つ機能があります。一方で現在の塗料では残念ながら色あせを完全に防ぐことはできません。長年、暮らすにつれて外壁は徐々に色あせ、劣化していきます。そこで定期的に塗装をすることによって、色あせた外壁が塗り変わり、お家の美観を蘇らせることができるのです。また、お家を美しく塗り直すことによって資産価値の向上にもつながります。さらに、新築時のごとく、綺麗な状態に塗り戻すことはもちろん、新築時とは違ったデザインに変更することもできます。色・ツヤ・凹凸模様など、様々な仕上げで新たな外観のお家を楽しむこともできます。

お家の中に水の侵入を許さない

塗装工事をすることで雨水がお家の中に侵入したための弊害を防ぎます。外壁にヒビが入ってしまったり、シーリングが割れてしまっているとお家の中に水が侵入してしまいます。お家に水が侵入することによって様々な弊害が発生します。それは例えば、外壁材の劣化につながります。木材や断熱材を腐らせたり、鉄筋を錆びさせてしまい、家を構成する多くのものが傷んでしまいます。さらに、木材や断熱材が腐ると、シロアリやダニ、カビの発生源となってしまいます。このような状態に陥ると最悪な場合、大規模なリフォームを避けられません。そういった場合になる前に、外壁塗装および外壁補修を行います。

どこへの塗装が必要なの?

外壁

紫外線や外気温の寒暖差、雨水などにより、塗装がひび割れたり、剥がれてしまうと雨水や結露、カビやシロアリなどの侵入する隙間がたくさんできます。

また、塗装をするのは外壁だけとは限りません。実は見落としがちな、屋根やベランダにも定期的な塗装が必要と言われています。

屋根

塗装をした方が良いのは外壁だけではありません。実は見落としがちな、屋根にも定期的な塗装が必要なのです。屋根は毎日紫外線や雨風、砂埃などにさらされており、家の中でも最も劣化しやすい場所でもあるからです。

ベランダ

特に水が溜まりやすいので、塗膜の剥離が起きやすくなっています。また、水が溜まりやすいことにより、少しずつ下地のコンクリートなどが溶けてしまう場合があります。

対応エリアはどこまで?

相模原市 淵野辺近辺

弊社の対応エリアは相模原市限定となっています。具体的な対応エリアは以下の通りです。

【緑区】

ア行:相原、青根、青野原、青山、大井、大島、大山町、小倉、小原、小渕
カ行:上九沢、川尻、久保沢
サ行:佐野川、澤井、下九沢、城山、寸沢嵐、寸沢嵐新戸
タ行:田名、谷ヶ原、千木良、鳥屋
ナ行:橋本台、橋本、葉山島、原宿南、原宿、東橋本、日連、広田
マ行:牧野、又野、町屋、三井、三ヶ木、向原、元橋本町
ヤ行:吉野、与瀬、与瀬本町
ワ行:若葉台、若柳

【中央区】

ア行:相生、青葉、大野台、小山
カ行:鹿沼台、上溝、上矢部、共和、向陽町、小町通
サ行:相模原、下九沢、水郷田名、すすきの町、清新
タ行:高根、田名、田名塩田、中央、千代田
ナ行:並木
ハ行:光が丘、氷川町、東淵野辺、富士見、淵野辺本町、淵野辺、星が丘
マ行:松が丘、緑が丘、南橋本、宮下本町、宮下
ヤ行:弥栄、矢部新町、矢部新田、矢部、陽光台、横山台、横山、由野台

【南区】

ア行:旭町、麻溝台、新磯野、磯部、鵜野森、大野台、
カ行:上鶴間、上鶴間本町、北里、古淵
サ行:栄町、相模大野、相模台、桜台、下溝、新戸、相南、相武台団地、相武台
タ行:当麻
ナ行:西大沼
ハ行:東大沼、東林間、双葉、文京
マ行:松が枝町、御園、南台
ヤ行:豊町
ワ行:若松

相模原エリア限定のワケ


弊社は『相模原市のお客様が安心して迷いなく依頼できる屋根・外壁塗装会社』をモットーに掲げております。
外壁塗装の会社は多すぎてどこに頼むのがベストか迷うところだと思います。しかし、求めるものをシンプルに言えば『近くて、確かな腕を持っていて、価格が適正で、気が利く会社』ではないでしょうか。
弊社ならば、そのお求めを叶えられると自信を持って言えます。

1、一級塗装技能士による見積り・工事内容の丁寧な説明
2、職人一人一人の気配り、誠実な対応
3、お客様がお困りの際すぐ駆け付けられるフットワークの軽さ

この当たり前のことを創業依頼、徹底してきました。
だからこそ、末長くお付き合いできる相模原の塗装会社だと自負しております。

そもそも相模原市ってどんな土地?

相模原市はその広大なエリアのもと、山間地域や里地里山地域、河川地域、都市地域などと色んな風土特性を思っています。その上で注目すべきなのが緑地面積の広さです。山間地域といった豊かな自然が広がるエリアだけでなく、都市地域においても林などの緑地が広がるため、早朝などに霧や霞といったスモッグが発生しやすいと言われています。

霧や霞で壁に大きな影響が⁉︎

霧や霞が発生しやすい結果、屋根や外壁に結露が生じやすくなります。ところが結露は家屋が傷む起因になります。大きな理由はカビと浸水被害です。

カビ

カビは胞子を発生します。また、カビを餌としてダニが大量に繁殖します。そういった胞子やダニの死骸、糞を知らず知らず体内に吸い込んでしまうことで喘息やアトピー、アレルギーの悪化や発症、皮膚炎や免疫力の低下を引き起こすとされています。また、そういった体のだるさから頭痛といった嫌悪感だけでなく、ストレス、鬱、不安症にもつながります。
そもそも、カビは有機化合物由来の建材塗料が大好物であるため、建材塗料を栄養源としてしまいます。そのため、カビが広まるとともに塗料の剥がれやすさや劣化に繋がります。

浸水被害

壁の塗料はカビの繁殖や紫外線の照射により劣化を進め、傷んでしまいます。その結果、浮き上がったりひび割れた壁の塗料の隙間に結露が浸水していく可能性が高くなります。それにより、塗料の下にある木材、またはコンクリートが腐敗、あるいは脆くなっていきます。毎日結露を浴び続けたその結果、建物自体の強度や外観が急速に悪くなっていく恐れがあります。

自宅セルフチェック表

いざ外壁塗装をするとなると費用がかかる分、適正な時期に塗り替えを検討する必要があります。お家ごとによって、高台の上であったり、海辺の近くであったり、山の近くであったりといった環境の違いや外壁に塗装されている塗料の質などによって塗り替えのタイミングは異なります。
そこで弊社の用意したセルフチェック表を参照にご自宅の外壁をお確かめください。

塗装が剥がれている

塗装が剥がれている原因は経年劣化による塗膜の劣化だけではありません。例えば、外壁材に適切な下地処理ができなかった場合、塗膜の定着が悪くなっているため、剥がれやすい状態と言えます。また、長い時間をかけて塗膜を霧や霞といった水蒸気が通過することで下塗りと被塗物の間に侵入します。すると接着効果のある物質が徐々に溶けていきます。これが塗装の剥がれる原因にも繋がるのです。したがって素早い対応が必要です。

外壁が色あせている

外壁の光沢は紫外線からお家を守ってくれるという効果があります。外壁が色あせているということはつまり、光沢が失われている状態です。髪の毛で言えばキューティクルが剥がれてしまった髪の毛が紫外線や乾燥、または湿気などでさらに傷んでボロボロになっていくのと同じような状況です。したがって外壁材も同様に紫外線や太陽光による乾燥、または雨水、風の強い日の砂埃などで傷みやすくなっている状態と言えます。

外壁の表面を手で擦ると、手に白い粉が付く

チョーキングと言われる現象です。外壁を手で触ると手のひら全体に白い粉が付着します。これは長年紫外線や雨風が当たったりすることで外壁に張っていた塗膜を保護していた合成樹脂が徐々に分解、劣化したために起こります。したがってこれこそ外壁からの「もうそろそろ塗り替え時だよ」という明確なメッセージです。この現象が確認されたらすぐにでも外壁塗装を検討しましょう。

外壁がヒビ割れている

外壁がヒビ割れているという状態は、モルタル系の外壁材にしばしば見られる現象です。モルタル系の外壁材はセメント、砂、水を混ぜ合わせた物が中心となっています。そのため、長年の紫外線などにより、乾燥収縮を起こしてヒビ割れに至ります。この様な状態の場合、ほとんどが外壁自体の強度も衰えている状況です。弊社では外壁塗装のご依頼をいただいた場合は、ヒビ割れたところを下処理した上で塗装を致します。

外壁色をデザインする際のコツ

最近では各メーカーが出している塗料の色が非常に豊富なため、様々なバリエーションの外壁色を楽しむことができます。そのため、複数の色を組み合わせてお家をおしゃれに仕上げることもできます。せっかく外壁を塗装をするなら色の合わせをこだわるのも楽しみたいところです。

しかし、外壁の色は自宅の表情を決める大きな要素であり、逆に気に入らない色で仕上がってしまうと、10年は我慢をしなくてはならないという事態になりかねません。ぜひ、納得のいく色味とデザインをお選びください。

1、周りのお家を観察する

まずは周りのお家を見てみましょう。自分自身は近所のお家に対して、目立たせたいのか、調和させたいのか、これはご世帯主様によって大きく分かれるところです。もし、明るく目立たせたいとお考えであれば、ご近所のお家には無い外壁色を取り入れることができます。また、調和させたいとお考えであれば、周りのお家と同系統の色を取り入れることができます。周りのお家の外壁色を見ることで、ご自身がどんな外壁色が好きなのか、実際にはどんな外壁色が映える、または馴染むのか、再確認することができます。

2、色見本表は2トーンほど暗くなる

外壁塗装のカラーを決めるときは、色見本表を参考に決めます。しかし、色見本表の色を表示している部分はかなり小さく表示されているため、実際に外壁塗装が完了した後に見てみると、意外に明るかったという事態が起きてしまいます。実はこの現象は人間の目の錯覚によって起きる現象と言われています。したがって、弊社では色見本をA4の紙でもご用意している仕様です。それにより、お客様が外壁の色を決定なされた後、選択した色が予想と異なるといった事態を避けるための対処を取っています。

3、艶を落とすと高級感が出る

お家に高級感のある外壁色を求めるのであれば、艶を落とす方法もあります。主に「三分ヅヤ」や「四分ヅヤ」と呼ばれるもので、わざと光沢を落とす塗装の手法です。お家を落ち着いた色合いに仕上げられるため、高級感を求めるお客様にはおすすめの塗装です。一方で、光沢をわざと落とす分、耐久年数は落ちてしまいます。なぜなら、外壁の光沢は紫外線から外壁材を保護する作用があるからです。そのため、艶落としの外壁色を選ばれる場合は耐久年数が下がるということを考慮しておきましょう。

4、迷ったらベージュ系がおすすめ

どうしてもお家の外壁色が決まらないという方はベージュ系の色を検討されてみてはいかがでしょうか?ベージュ系の色を採用しているお家が多数あるため、無難な外壁に仕上げることができます。意外なことに、白系の色というのは色が浮かび上がって見えるため、目立つ色に分類されます。冒険心から奇抜な色を選んで後悔したくないと考えているならば、白系の色は逆効果かもしれません。したがって、迷ったらベージュ系の色が落ち着く風合いになります。

納得のお値段プラン

価格 値段
ミヤビユニアローズではお客様のニーズに合わせ、最適なプランを各種ご用意しています。その一例として、外壁塗装の料金プランをご紹介いたします。
外壁塗装においては、お客様の中でも「とにかく安い塗装」を求める方から「少しでも良い品質の塗装」を求める方まで様々なお考えがあります。
そういったお求めを反映したのが以下の3パターンのプランです。

スタンダードコース

弊社で最もお安いプランをお求めならこのコースがおすすめです。比較的安い塗料を使用することで施工料金を安価に抑えています。一方で、安さに応じて施工で手を抜くといったことはございません。耐久年数も10年は保つ仕様のプランです。

使用塗料

セラミシリコン

特徴

○高耐久性:紫外線、湿気などによる塗膜の劣化要因に対し、優れた抵抗性を示し、建物を長期にわたって保護します。
○低汚染性:緻密な架橋塗膜により、大気中の粉塵や排気ガスを寄せ付けません。
○防カビ・防藻性:特殊設計により、長期にわたってカビや藻類などの微生物汚染を防ぎ、衛生的な環境を維持できます。
○安全設計:水性であるため、高熱による有毒ガスの発生や火災の心配もありません。

料金表

25坪の場合…237,500円
30坪の場合…285,000円

良い質を求めたいが、価格も抑えたいという方へ

スタンダードプランよりも若干費用は上がりますが、より質の良い塗料を使用して安心したいという方におすすめのプランです。

使用塗料

クールテクトSI

特徴

○高耐久性:紫外線や湿気などによる塗膜の劣化要因に対し、優れた抵抗性を示します。また、遮熱機能により表面温度が低減されるため、熱による劣化の抑制にもつながります。
○低汚染性:緻密な架橋塗膜により、大気中の粉塵や排気ガスを寄せ付けません。
○防カビ・防藻性:カビや藻類などの微生物汚染を防ぎ、衛生的な環境を維持します。
○遮熱性:熱線反射機能を持つ上塗り材のため、夏季の熱暑から体温上昇を抑制し、冷暖房負荷を削減します。
○防水性:微弾性を示す下塗り層が、旧塗膜に発生しているヒビ割れ、巣穴などをカバーし、防水性の向上につながります。

料金表

25坪の場合…300,000円
30坪の場合…360,000円

高くても良品質を求めたい方におすすめ

色味だけでなく、より快適に過ごせる効果が期待できる断熱塗料を使用しています。その上でさらに良質な塗料を使用し、耐久性もより向上する施工を行います。

使用塗料

ガイナ

特徴

○断熱性:放熱を抑える効果があるため、家屋内の熱を保温できます。
○遮熱性:日射(熱射)を反射する効果があるため、家屋内の涼しさを保ちます。
○遮音性:特殊なセラミックにより、振動を抑制し、音を軽減、反射します。
○防臭、某汚染:帯電性が0のため、臭いや汚れの元が静電気等で付着しにくくなります。
○結露抑制:家屋内と外気との温度差を大きく軽減し、結露の発生を防ぎます。
○耐紫外線:数ある塗料の中でも紫外線に対し、最も紫外線への耐久性があると言われています。

料金表

25坪の場合…437,500円
30坪の場合…525,000円

施工事例

弊社で実際に施工した、相模原市各地で行った、外壁塗装、屋根塗装、ベランダ塗装、家屋塗装の各事例についてご紹介していきたいと思います。

①相模原市某所での外壁塗装事例

Before

After

外壁の再塗装にあたって、色合いを鮮やかな白系の塗料に変更しました。下塗りを水性ミラクシーラーエコで上塗りとの密着性、定着性を高め、上塗りでは水性セラミシリコンを用いて艶を大きく出しました。他にも軒天や破風、樋、窓枠をクリーンな色合いの塗料で色味の調和を取りました。

②相模原市某所での屋根塗装事例

Before

After

瓦屋根の屋根塗装事例となります。瓦の色褪せがかなり進んでおり、棟の漆喰にもヒビが入っているといった状態でした。このまま放置していた場合、雨漏りする危険性がありました。したがって、屋根塗装・棟の補修を行いました。
この際、オレンジ系統の色味から赤系統に変更をいたしました。そして瓦への塗装を入念に行った結果、瓦ならではの重厚感と美しい品が再び生み出されるようになるのでした。この仕上がりにはお客様からもお褒めの言葉をいただきました。

③相模原市某所でのベランダ塗装事例

Before

After

施工を行う前のベランダは水はけが悪く、苔が生えている状況でした。
このまま放っておいた場合、防水槽が傷み、雨漏りの原因となってしまいます。したがって、ベランダをウレタン防水で綺麗に仕上げました。

④相模原市某所での戸建て塗装事例

Before

After

施工前は外壁に汚れと共にヒビ割れが発生し、屋根の塗装に関しては台風などの影響からか一部屋根瓦の欠けや塗装の剥がれた部分が存在していました。また、ベランダも同様にカビの発生や水はけの悪さが生じているという状態でした。そこで、屋根は下塗りにKFマイルドシーラーといったヒビ割れを補修し、雨漏りを防ぐ塗料を塗り、上塗りにセミフロンスーパールーフといった紫外線や雨雪に強いコーティング塗料を塗りました。
外壁は下塗りにセミフロンフィラーといった汚れ耐性と下地強化などを目的とした塗料を塗り、上塗りにセミフロンアクアという塗料で防水性など上げるといった仕様です。他にも軒天や樋、ベランダ笠木部、ウェザーカバー、その他付帯部をクリーンマイルドシリコンというチョコレート色で色合いを取るといった仕様にしました。

最後に

一つ星 期待
今後、相模原市緑区の橋本駅にはリニアも通るので、街の活性化が予想されます。該当エリア周辺もメディアに取り上げられる機会等も増えてくると考えられます。
そういった未来へのビジョンを見越し、ご自身の所有する建物を今から改修をするのも一つかも知れません。土地活用として売却なされる際はビルなどの場合、外観次第ではお見積もりのお値段に大きく差が付く可能性もあるからです。

外壁塗装は装いを新たにするだけでなく、家屋の耐久性や耐水性、様々な害から守る手法の一つでもあります。お住まいを少しでも丈夫に、美しいまま保っていきたいとお考えや興味があればこそ、今一度、弊社にご相談ください。
相模原市内であればどこへでも駆けつけていきます。

コラム一覧へ戻る