コラム

台風が来るその前に、屋根の点検と補修がベストな理由


こんにちは、相模原の塗装会社ミヤビユニアローズです。
年々、関東でも被害が大きくなる台風でお住まいで屋根が事態も増えてまいりました。今回は屋根の点検と補修の必要性について解説していきたいと思います。

台風で被害を受けやすい屋根の部分は?


大きく挙げるなら、棟板金、スレートなどです。

棟板金とは

簡単に言えば「屋根の頂点(一番上、尖っているところ)にある“カバー“」のことです。主にスレート(平らな屋根瓦)や、金属屋根の屋根などに使用されます。

棟板金は、スレート屋根を屋根の頂点で押さえる貫板の上に貼られるカバーの役目を果たしています。
この棟板金があることで、屋根の頂点から家の中に水が入ることを防いでいます。棟板金は上から貫板に釘を打つことで棟板金を留めています。

スレートとは

簡単に言えば「平らな屋根瓦」のことです。最近の戸建てでの使用が主流となっている、とても硬いセメントで作った瓦になります。

棟板金やスレートは台風でどうなるの?

棟板金の場合

釘が抜けて浮いてしまったり、棟板金自体が飛んでいったりします。

まず、台風の風圧で下から巻き上げられた風が棟板金を押し上げていきます。
すると、ずれたり飛ばないようにする目的で打たれている釘が引き留めようと頑張ります。この際、なんとか引き留めても、釘はいくらか抜けてしまうのです。場合によっては、首の皮一枚で棟板金を留めているだけに終わります。

そもそも、棟板金の釘は日々の中でも浮いてきます。

釘が浮いてくる理由は棟板金の熱膨張にあります。
日中は棟板金が熱されることにより、釘を外に押し出します。夜は逆に、棟板金だけが収縮し、引っ込んでいきます。これを繰り返していくと、釘が少しずつ外へ押し出されて浮いていくというわけです。実のところ、そうしてほとんど棟板金を留められていない屋根はそこかしこにあります。

すると次の台風が来た時にはもはや引き留めきれずに棟板金が吹き飛ばされてしまうというわけです。

スレートの場合

一枚一枚のスレートがずれてしまったり、飛んでいってしまったり、
ヒビ割れてしまったりします。

まず、台風の風圧でスレートを接着していた部分が剥がれ、ずれてしまったり、飛んでいってしまう場合があります。

また、昨今の台風はあなどれません。ただ小石や砂を巻き上げるでなく、ひょっとしたら植木鉢やどこかの看板まで飛ばしてしまう勢いです。そういったものが屋根にぶつかれば、流石のスレート屋根であろうと、ひとたまりもありません。

そうした理由でヒビ割れだけでなく、最悪破損する恐れも出てくるのです。

台風で屋根が被害を受けると…


台風で屋根が被害を受けると様々な被害が起こります。

貫板の腐食

棟板金の下には、スレートを押さえつける長い板が存在します。それが貫板です。

通常、棟板金を留めるために釘を打ち込まれている貫板ですが、日々の熱膨張の繰り返しによって棟板金を留めている釘も浮き上がってきます。

そこに台風やそれにともない大雨が降ると、釘を伝って水が貫板に染み込んでいきます。そうするとどんどん貫板が腐食されていきます。結果的に釘が風圧で抜けやすくなる原因にもなりますし、棟板金も吹き飛んでいくことになります。

そうすると貫板沿いに甚大な雨漏り被害が発生します。

雨漏り

貫板や防水シートの隙間から家屋に雨水が侵入し、雨漏りが発生する場合があります。

スレートは基本的に、そのすぐ下に防水シートが貼ってあります。そのため、すぐには雨漏りが起こらない仕様です。しかし、次第に劣化していきます。

以前の台風などでスレートが外れているのに気が付かないで放置して、防水シートが劣化してしまうともはやちょっとした補修では利きません。

防水シートは一番下に貼られているので簡単には直せないのです。最悪、屋根の張り替えになります。
また、雨漏りが起きてしまうと室内の補修工事も必要になる恐れが出てきます。

そういった理由から、防水シートが無事であるうちに、早めに屋根の点検と補修を行いましょう。

屋根の点検と補修はどうするの?


弊社ではまず、棟板金の釘打ちが無事か、スレートのヒビ割れがあるか、すでに飛んでいってしまったものはないか、ずれているものはないかなどの確認を点検として行います。

弊社では、棟板金の釘の打ち直しや、簡易なスレートのヒビ割れであれば、サービスで補修いたします。

屋根や外壁の塗装工事をするかたわらであれば、そういった点検と補修もサービスでいたします。綺麗な塗りはベースが綺麗であればさらに美しい仕上がりとなるためです。

最後に


台風の後ほど、修理は高く着きます。

誰もが、起きる前は「うちは大丈夫」と思っています。しかしその結果、スレート屋根が剥がれ飛んでいってしまったり、ひどいと棟板金が吹き飛んでしまうというわけです。

しかし今補修しておけば、いざという時の備えが万全にできます。
備えをもって憂いなし、です。まずは点検からお任せください。

コラム一覧へ戻る