ベランダ塗装

水が溜まりやすいベランダ

外壁や屋根だけでなくベランダにも塗装が必要になります。
特にベランダは水が溜まりやすいので、塗膜の剥離が起きやすいのです。
塗膜が剥がれてしまうとカビの発生や塗装そのものがはがれてしまう原因になります。
そのため、外壁や屋根と同様に防水塗装をすることが必要になります。

check points

ベランダの防水機能の劣化で起きやすい現象

  • その① ベランダ内に水が溜まる
    ベランダ水溜り写真
    ベランダの床は排水口へ水が流れるように緩やかな勾配がついています。しかし、水たまりがあるということは、汚れが水の流れをせき止めているか、防水機能が衰えている可能性があります。防水機能がしっかりと保たれていると、ベランダ自体の撥水性が保たれる状態になります。つまり、水が流れやすい状態になります。今は目に見える劣化が無くても、水が溜まっている部分は防水層の劣化が促進され将来的にはそこから雨漏りが発生することにつながるので、水たまりがある際には注意が必要です。
  • その② ベランダ下の雨染み、雨漏り
    ベランダ下雨染み写真
    ベランダ下を確認できる場合は、定期的に雨染みがを確認しましょう。雨染みが発生しているという事は、ベランダ内の防水層が落ち、ひび割れや剥がれが発生し、さらにそこから雨水がしみこんでいることになります。ベランダで使用している木材や鉄骨が雨水にさらされている状態なので、このまま放置してしまうと、お家自体の劣化に繋がっていきます。そのような状態にならないように、早急にベランダの塗装工事を行うことが必要です。

for save house

お家を守るために必要な防水塗装

お家を守るために外壁や屋根塗装と一緒に防水塗装も行います。
もし、雨水をお家の中に侵入させてしまうとお家のあらゆる部分を腐らせ、錆びさせてしまう為、
カビやシロアリの発生の原因になってしまいます。
防水塗装はお家に雨水を侵入させないために、必ず必要な工程になります。

select points

防水塗装で使用する塗料

ウレタン防水耐久年数10~15年

  • ウレタン塗料
  • 屋上やベランダ、バルコニーなどで幅広く使われるオーソドックスな防水塗料。
    別の素材の防水材があってもそのまま上から重ね塗りができ、費用も安い事から、最も主流の防水塗料です。臭いもなく、非常に柔らかい性質を持っており、複雑な部位への塗装も可能です。しかし、ウレタン塗料は紫外線に弱い弱点があるため6~7年毎にトップコートの張り替えが必要になります。

FRP防水耐久年数 10~15年

  • FRP塗料
  • FRPは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などを使用した防水塗料です。ユニットバス、プール、ボート(船)、車のカバーなどに使用されています。コストが高く、臭いがでるのが弱みですが、断熱性もあり軽くて耐久性もあるのが特徴です。