こだわりたい外壁塗装のデザイン

color valuation

外壁塗装でこだわりたい色

最近は各メーカーが出している塗料の色が非常に豊富なため様々なバリエーションの外壁色を楽しむことができます。
その為、複数の色を組み合わせてお家をおしゃれに仕上げることもできます。
せっかく塗装をするなら外壁色にこだわってご自身が「これだっ!!」と思える仕上がりにしたいですよね。

しかし、外壁の色は自宅の表情を決める大きな要素であり、
逆に気に入らない色で仕上がってしまうと10年我慢をしないとならないという事態になりかねません。
是非ご納得いく外壁色をお選びください。

check points

外壁色を選ぶ際のポイント

  • その① 周りのお家を見てみよう
    景観写真
    まずは周りのお家を見てみましょう。
    近所のお家と自分のお家を比べた時に、もっと目立たせたいのか、調和させたいのか。これはご世帯主様によって大きく分かれるところです。もし、明るく目立たせたいとお考えなのであれば、ご近所のお家には無い外壁色を絞り込むことができます。また調和させたいとお考えなのであれば、周りのお家と同じ系統色に絞り込むことができます。周りのお家の外壁色を見る事によってご自身がどんな外壁色が好きなのか、再確認することができます。
  • その② 色見本表は2トーン暗い事を想定しよう
    白い家写真
    外壁塗装のカラーを決めるときは、色見本表を参考に決めます。しかし、色見本表の色を表示している部分はかなり小さく表示されている為、実際に外壁塗装が完了した後に見てみると、「意外と明るかった」という事が起きてしまいます。実はこの現象は人間の目の錯覚によって起きてしまう現象なのです。なので、弊社では外壁の色が決定した後は、その色をA4の紙でお持ちしていますので、お客様の「選んだ外壁の色が意外と明るかった」という事態を避けるための対処を取っております。
  • その③ つやを落とすと高級感がでる
    見本表写真
    お家に高級感のある外壁色を求めるのであれば、つやを落とすやり方もあります。主に「三分ヅヤ」「四分ヅヤ」と呼ばれるもので、わざと光沢を落とす塗装の手法です。お家が落ち着いた色合いに出来上がる為、高級感を求めるお客様にはおすすめの塗装です。しかし、光沢をわざと落とす分、耐久年数が落ちてしまいます。なぜなら、外壁の光沢は紫外線から外壁材を守ってくれるものだからです。
    つや落としの外壁色を選ばれる場合は耐久年数が下がるという事を考慮しておきましょう。
  • その④ 迷ったらベージュ系がお勧め
    色見本の写真
    どうしてもお家の外壁色が決まらないという方は、ベージュ系の色を検討されてみてはいかがでしょうか?ベージュ系の色を採用しているお家は数多くありますので、悪目立ちすることなく、無難な外壁に仕上がります。冒険心から奇抜な色を選んで、「明るすぎた!!」と後悔するのは避けたいところですよね。