コラム

どこに依頼する?塗装専門会社の見極め方

相模原の外壁・屋根塗装専門会社ミヤビユニアローズです。
前回、外壁塗装の相場に関する考え方についてご紹介しました。

関連記事:外壁塗装の相場はいくら?業者の選び方は?

その記事の中で、外壁塗装を依頼する会社は、
自社で施工する会社と下請けに外注する会社があるというお話をしました。

図で表したものはこちらです。

自社で施工する会社:塗装専門会社、一人親方
下請けに外注する会社:ハウスメーカー、営業会社、工務店
です。
ハウスメーカー、営業会社、工務店に依頼すると、依頼した会社と塗装をする会社(もしくは一人親方)の2社分の利益が乗るため費用が高くなってしまいます。

外壁塗装を依頼するなら、自社で塗装を行う塗装専門会社か一人親方にしましょうがお得ですというお話でした。
では、本日の本題はここから。

塗装専門会社(or一人親方)はどんな基準で選べばいい?

「自社で塗装する会社ならどこでもいいの?」
いいえ、そんなことはありません。

今からご紹介する基準は弊社が考える外壁塗装会社の基準です。

外壁塗装会社の選び方 八カ条

1、現地調査が丁寧&分かりやすく説明してくれる
2、納得感のある費用である
3、契約時に結論を急がせない
4、契約前、施工時にしっかり説明・確認をする会社である
5、担当者のレスポンスが早い
6、地元の会社である
7、長続きしている会社である
8、塗装資格を持っている

これは長年塗装会社を経営してきた私が、お客様に安心してご依頼いただく上で重要だと考えている9項目になります。
一つ一つ説明させていただきます。

1、現地調査が丁寧&分かりやすく説明してくれる

現地調査にかける時間や、チェックする内容、お客様への説明の仕方は会社によって実に様々です。
弊社では、現地調査=見積もりを出すためのものだけではなく、お客様にご自宅の状況をきちんと把握いただく機会だと考えております。
専門的な内容をできるだけ分かりやすくお伝えすることを大切にしています。

2、納得感のある費用である

現地調査時に丁寧な説明を行った上で「だからこの価格です」とお伝えすることで、お客様に費用への納得感を感じていただくことが重要だと考えております。

3、契約時に結論を急がせない

「今契約してくれたらこのお値段でやります」
これは弊社が最も嫌いな営業トークです。外壁塗装は高額な高額な依頼になる訳ですから、落ち着いてゆっくり考えるべきですし、他社とも比べるべきなのです。
急かして契約させる会社が、その後いいサービスを提供するとは到底思えません。

4、契約前、施工時にしっかり説明・確認をする会社である

現地調査でもそうですが、とにかく丁寧に説明してくれる会社に依頼すべきだと思います。
外壁塗装のトラブルのほとんどは、説明が不十分なまま勝手に進めてしまうことにより発生しているように感じます。特に色味の不満は、確認不足から生まれるものです。
先の工程に進める際は、「気になるところはありますか?」「こういう風に進めて良いですか?」と確認する会社かどうか現地調査時にしっかり見極めてください。

5、担当者のレスポンスが早い

担当者のレスポンスの早さは施工中も重要ですが、施工後に重要になってきます。
大抵、レスポンスの悪い担当者は、施工後に何か起こって連絡しても対応が遅くイライラさせられる結果となりがちです。
契約前に色々とメールで質問を投げてみてください。それに対するレスポンスが遅いのであれば依頼を見送ることをお勧めします。

6、地元の会社である

やはり近さは安心感に繋がります。何かあった時に、近場であればすぐに来てもらうこともできます。
また近場の会社であれば、移動経費も少なくて済むためその分、費用も抑えることができるという側面もあります。

7、長続きしている会社である

外壁塗装業界は、新規参入が多い業界です。
新設の会社を一括りにダメだというつもりはないですが、競争が激しい分廃業する会社も少なくなりません。
塗装を依頼した会社が潰れてしまうと相談する先をまた一から探す必要が出てきますし、長く続いているということはそれなりの評判を得ているから続いているとも考えられるので、社歴に注目してみるのも良いと思います。

8、塗装資格を持っている

塗装技能士という資格がありmす。これは建物への正しい塗装の仕方や、塗料についての深い知識が求められます。弊社では一級塗装技能士を持った職人が見積もり、現場を管理いたしますので、安心してお任せください。

最後は、塗装会社とのフィーリングです!

ここまで塗装会社選びの8か条をお伝えしましたが、
大事な家の寿命を左右するメンテナンスを任せられる会社なのかを見極める訳ですから
塗装会社(またその担当者)とのフィーリングが合うかどうかが最終的には大切です。

質問を投げてその反応を見るなどしてコミュニケーションを図ってみてください。
「なんか気持ちいい会社だな」と思えると、結果仕事にも満足できることが多いと思います。

コラム一覧へ戻る