どうして塗り替えなきゃいけないの?

select points

塗装をする3つの理由

お家を守る保護機能

  • 外壁塗装をすることで、外壁に塗膜が張られ、お家を保護する機能があります。
    塗膜とは塗装により形成された皮膜のことで、夏の紫外線や台風・真冬の雪・土砂降りの雨・強風によって打ち付けられる砂などのダメージから、お家を保護してくれるものです。
    しかし、そんな塗膜も月日を重ねるごとに徐々に失われていきます。
    塗膜がはがれてしまうと、外壁材がむき出しになってしまい、雨水や紫外線や砂のダメージを直接受けてしまうので、ひび割れや雨漏りの原因になってしまいます。
    なので、定期的な外壁塗装を行う事で、塗膜を再度塗りなおし、お家の外壁を守ることが必要になるのです。
  • 紫外線

お家をいつまでも美しく

  • 定期的に塗装を行う事によって、家の美観を保つ機能があります。
    現在の塗料は色あせを完全に防ぐことはできないため、長年、暮らすにつれて気付きづらいですが、外壁は徐々に色あせ劣化しています。
    なので、定期的に塗装をすることによって、色あせた外壁を塗り替え、お家の美観を整える必要があります。
    また、お家を美しく塗り直すことによって、資産価値の向上にもつながります。新築時みたいに、きれいな状態に塗り戻すことはもちろんのこと、新築時とは違ったデザインに変更することもできます。色・つや・凹凸模様など、いろいろな仕上げで新たなお家を楽しむこともできます。
  • 明るい色の外壁画像

お家の中に水の侵入を許さない

  • 塗装をすることによって雨水がお家の中に侵入することを防ぎます。
    外壁にヒビが入ってしまったり、シーリングが割れてしまっているとお家の中に水が浸入してきてしまいます。そして、お家に水が浸入する事によって様々な弊害が発生します。
    木材を腐らせたり、鉄筋を錆びさせてしまい、家づくりに使われるものを全て劣化させてしまいます。さらに、木材や断熱材が腐敗してしまうと、白アリやカビの発生源となってしまいます。この様な状態になってしまうと、最悪な場合、大規模なリフォームが必要になってしまいます。こんな状態にならない様に、外壁塗装を行う際には、屋根塗装を踏まえ、外壁のひび割れやシーリング箇所の補修をかねて塗装をします。また、ベランダにも防水塗装をすることで、ベランダの水の流れを良くし水たまりができないように防水塗装をします。
  • check points

さらに塗装について語ります!

select points

だからこそ気にしたい塗料の種類

定期的な塗装を繰り返すことによって、
お家の寿命を伸ばすことができますが、どの塗料を選ぶかによって次の塗装のタイミングが変わってきます。
塗料ごとの耐久年数は価格とほぼ比例するようにして変化します。
次のメンテナンス時期と価格のバランスをみて塗料を選びましょう。

塗料ごとの耐久年数と価格表はこちら