コラム

タイル目地に空いた小さい穴からの雨漏り補修

相模原市のミヤビユニアローズです。
今回はとある教会より、外壁メンテナンスのご依頼をいただきました。

経年劣化のメンテナンス及び塗装工事のご依頼で、
雨漏りしているというお話もなかったので通常通り工事を進め始めました。

内装のクロス・ボードを剥がしたところ、下地にシミが見つかりました。
それで雨漏りしている可能性が浮上し、雨漏り調査を開始しました。

足場をかけて外壁を隈なく調査したところ、雨漏りの原因と見られる穴を発見したので
散水調査を行なってみたところ漏水が再現できました。
雨漏りの原因となっている穴がこちらです。

この小さい穴が雨漏りの原因となっているのです。
過去にも外装補修を行っているそうですが、その時はこの穴が空いていなかったのか、あるいは見落としてしまっていた可能性もあります。
雨漏りを疑って探さないと見つけられないほど小さな穴なのでやむを得ないかもしれません。

穴はタイルの目地に空いておりました。
コーキングで穴を埋める処理を行っていきます。

その他の部分はコンクリートの目地材を埋めていきます。

サッシ周りやベランダ、屋根など雨漏りしやすい箇所はありますが、それ以外にも今回のように普通なら見逃してしまうような小さい穴から雨漏りしていることもあります。
大事なことは「こんなところからは雨漏りしないだろう」という固定観念を持たずに、満遍なく調査し続けることです。

ミヤビユニアローズでは、雨漏り調査費用はもちろん無料で、特定できるまでとにかく調査を行います。
基本的には散水調査を行います。

様々な水のあてかたをして、台風や通常の雨など色んな雨を再現していきます。
その中でどんな雨で雨漏りするのかを調査し、補修内容を絞り込んでいくのです。
お気軽にご相談ください。

ミヤビユニアローズの雨漏り調査

雨漏り調査費用:無料
最短翌日(相模原市、町田市、八王子市、多摩エリア限定)

雨漏り調査のお問い合わせ
http://miyabi-uniarrows.co.jp/contact/

コラム一覧へ戻る