コラム

外壁塗装・屋根塗装の依頼前にセカンドオピニオンを必ず聞きましょう!

こんにちは、相模原の塗装会社ミヤビユニアローズです。
皆さんがお住いの家の外壁・屋根塗装を検討するときはどんな時ですか?

「10年ごとに計画的に塗り替えをしている」と言うマメな方もいらっしゃいますが、
ふと訪問営業が来て「あ、うちもそろそろ塗り替えが必要なのね」と意識されるご家庭も少なくないようです。

その際に、その営業マンから受けた指摘・提案内容・見積り書のみで発注を決めてしまう方もいますがかなりリスクが高いです。
相手もプロですから、話を聞いているとなんとなく「正しく」思えてきます。
ですが、10年に一度の大きな買い物をなんの比較検討もなしにするべきではありません。
出来れば、いや必ず”セカンドオピニオン”を取り入れて欲しいのです。

相見積もりを複数とるだけではなく、複数の塗装業者の見解を聞くことの重要性について今回お話ししたいと思います。

外壁・屋根塗装のセカンドオピニオンの必要性

冒頭にお話ししたように、1社だけで決めるのはリスクが高いです。
なぜなら、塗装業者によって
外壁・屋根の劣化状況を正しく判断する力
が全く異なるからです。
外壁塗装を行う会社の中には、塗装専門会社もいれば、リフォーム会社、屋根板金(葺き替えなど)を得意とする会社もあります。
中には、知識がなくて「この素材にこの塗料は塗ってはいけない」ということを知らずに、施工を行ってしまっているケースもあります。

そんな塗装会社のミスや無知さをお客様が見抜くことはほぼ不可能です。
ですが、複数の業者の説明を受けるうちに
「この指摘は共通しているな」
「この指摘はこの会社だけだから、正しいのかどうか別の会社に聞いてみよう」
などと見えてくるものがあります。
何より、お客様の知識が蓄えられることは今後の住宅メンテナンスにおいて非常に大切なことです。

なんとびっくり!セカンドオピニオンで発覚した仰天な提案内容

弊社がこれまで現地調査を行ってきた中で他社の驚くような提案に出会うことがあります。

case1 サイディングの基本のキを知らない業者

このケースはサイディングのご自宅でした。
まだ綺麗でしたのでクリア塗装によるメンテナンスをご提案したのですが、
相見積もりの業者から「シーリングの上にクリア塗装をすることで保護になる」と言う提案を受けたというのです。
結論から言うとそんなことはあり得ません。むしろシーリングにクリア塗装を塗ると不具合を起こすため、
クリア塗装を行ってからシーリングを打つというのは、サイディング塗装の鉄則なのです。
そんなことも知らないのか・・・と唖然とした記憶です。

case2 亜鉛メッキにそんな錆止めでは・・・

このケースは亜鉛メッキの鉄骨階段を塗装して欲しいと言うご要望でした。
他の業者の提案をお聞きすると、普通の錆止めで施工するという内容でしたが
亜鉛メッキの場合、普通の錆止めでは剥離してしまうため、
専用塗料を使用する必要があります。
お客様にお伝えしたところ、
「施工前で良かった。お金を無駄にするところだった」とご安心いただきご依頼くださいました。

case3 モニエル瓦にスレート瓦の塗料を塗ろうとする業者

最後は、洋瓦の塗り替えのご提案です。
洋瓦は別名モニエル瓦といい塗装の際は専用の塗料を使用する必要があります。
ですが他の業者さんの提案では普通のスレート屋根用の塗料を使用すると記載されていました。
合わない素材で塗り替えしたところですぐに剥離してしまうので全くオススメできません。

知識がないことによる被害を被るのはお客様です

当たり前のように外壁・屋根塗装を行っている業者に全く知識がないと言うことがあるのです。
「屋根だからどの塗料でもいいだろう」
「鉄骨だから錆止めを塗っておけばいいだろう」
という間違いが当たり前にそこらへんの現場で発生しているのです。

まず、業者の提案にもとんでもない間違いをしていることがあると言う認識を持っておいていただきたいです。

その上で、業者の選び方をお伝えしたいと思い亜mす。

その塗装の見積もり、適正なの?

まず、見積もりの内容が実際のリフォームに必要なものか、適しているかが見極めのポイントです。

金額は適正か

屋根塗装・外壁塗装は塗料の種類や下地の材質によって必要な塗料や、塗る工程が異なります。また、塗る範囲も建物の形状によって様々です。
そのため、あらかじめ金額をはっきり提示するのはなかなか困難です。
見積もりの時点から業者が実際に現場へ下見に来て、その場にどんな塗料が、どこに、どれだけ必要か、しっかりと見極めた上で算出された見積もりであることが大前提です。

下塗り材の選択は適正か

下塗りとは、下地の上に乗る塗料の密着度や定着度を高め、下地を丈夫にする工程です。
下地の材質や状態によって適した下塗り材も様々です。
下地が木材であれば、塗料を吸い込みすぎるため、粒子や粘り気の多い塗料を選択します。一方、下地が金属などであれば、密着度や定着度が特に高い塗料を選択します。はたまた、タイル地であればそもそもタイル自体に色が付いているので、釉薬で済む場合がほとんどです。
下塗り材によっては、どんな下地にもある程度対応が可能なものの、高価な塗料もあります。しかし、元々適した塗料を選択していれば、わざわざその塗料を使う必要は無いはずです。

そういった知識も比較の目安です。

上塗り材の選択は適正か

上塗りとは、下塗りと中塗りの上に行う仕上げの色だけでなく、機能効果も付与する工程です。
防カビ・藻性、断熱性、耐乾燥性、耐水性など、効果も様々ですが、値段や耐久年数も様々です。

山間部のように、朝霞が発生してカビや藻が繁殖しやすい地域の屋根や外壁であれば防カビ・藻性がメインの塗料、丘の上などで風が強い地域の屋根や外壁であれば耐乾燥性や防汚性の高い塗料、開た場所で直射日光が当たりやすい地域の屋根や外壁であれば対紫外線や断熱性の高い塗料が適していると言った具合です。
依頼した業者が選択した塗料が、果たしてお住まいの地域特性を考慮した塗料であるかも、場合によってはコストカットを見極めるチャンスになります。

外壁塗装セカンドオピニオンのすすめ

飛び込みでリフォームの見積もりをすると言う業者の多くは営業マンです。そのため、見積もりが専門性に欠け、システム化がされており略式となっています。そのため、本来必要な塗料や工程を抜く、または逆に足してしまうということがしょっちゅうです。

それこそ例として、下塗りの塗料選択が挙げられます。本来は下地の建築材によって違うけれど、営業の見積もりの場合、一本調子で高価ながら適用範囲がそこそこ広い塗料などを選択しがちです。

見積もりは業者の職人が直に現場まで来て、しっかりと家の周りや状況を点検、把握してくれる業者のものを信用しましょう。
そこでおすすめなのが、リフォーム業者のセカンドオピニオン、つまり『相見積もり』です。
相見積もりとは、複数の業者に同じ条件で見積もりを提出してもらい、お客様ご自身の目で比較する方法です。

セカンドオピニオン(相見積もり)のメリット

色んな業者の見解が聞ける

一社だけでは、その会社の偏った見解しか把握できないことがあります。複数の業者に頼むことで、依頼した建物の状況や最適な修復方法、材料、ひいては相場などが段々見えてきます。

良い加減な業者も多いからこそ、安心を買うために遠慮せず5社ほどは見積もりに呼びましょう。

すぐに対応可能な業者が分かる

リフォームを必要とする状況によっては、迅速な対応が必要な場合があります。例えば屋根が雨漏りをしているとあらば、全国展開している大手ハウスメーカーの見積もりも兼ねた営業担当を呼ぶより、見積もりの段階でも迅速に駆けつけてくれる地元の業者職人に託した方が的確な可能性が大きいです。

そのように、リフォームの状況に応じて必要な対応をすぐに行える業者を探す目安になります。

見積もりの誠実性を重視している業者が分かる

今の会社を長く、磐石に運営して行きたいと考える業者ほど、顧客一人一人に誠実に対応することが重要と理解しています。
セカンドオピニオンを通して、そう言った見積もりを誠実に行なっている業者が次第に見えるようになります。

施工案が必要なものかどうか判別できる

場合によっては、お客様自身の希望したリフォーム箇所以外の場所もリフォームをしてはどうかと案を提示されることがあります。
例えば、屋根と外壁のメンテナンスは家を守る上でセットで行った方がベストです。しかし、屋根のメンテナンスをするにしても、再塗装だけで十分であるにも関わらず、屋根の葺き替え自体を提案してくる業者も中にはあります。
屋根の葺き替えは屋根のメンテナンス方法として最終手段です。屋根の上に点検で人が乗ったで踏み抜いてしまうとか、柱や梁が腐食しているだとか、雨漏りが酷いとか、そう言ったことが実際に起きているので無ければ多くは再塗装で十分です。

修理のタイミングが分かる

お客様によっては「あなたのお住まいはそろそろリフォームのタイミングですよ」と言われるがままに見積もりを依頼してしまう場合があります。
しかし、リフォームやメンテナンスのタイミングは新築から12〜13年と言われています。屋根材や外壁材によっては、20年は必要ないものがあります。
複数の見積もりを出すことで、適切なリフォームタイミングかどうかも見極めましょう。

一級技能士がいる業者にしよう

実のところ、屋根や外壁の塗装を行う業者は正式な資格を持っていないことがほとんどです。ただし、まれに国家資格の一級技能士資格を持つ職人のいる業者がいます。無資格だからこそ、良い加減な塗料選択ができるとも言えます。

例えばラーメン屋を開くのにしても、衛生管理者などの国家資格が必要です。それは安全な食を提供してもらうために他なりません。塗装業者も同様です。家全体を安心して任せたいからこそ、一級技能士であり、実務経験も豊富な職人による見積もりを行える業者がおすすめです。

弊社、ミヤビユニアローズでは、一級技能士の資格を持った職人が実際に現場へおもむき、見積もりを的確に行なっています。相模原市でリフォームをご希望の際はぜひ弊社、ミヤビユニアローズへご相談ください。
※もちろん私たちが現地調査に伺う場合でも、他の塗装業者さんの声も聞いて比較されることをオススメします。

コラム一覧へ戻る