お問い合わせフォームへ

防水工事

雨漏り補修は地元の業者に依頼するのが一番

雨漏り調査・補修はとても難易度が高く、一度原因を特定して補修をしたとしても、後日雨が降ったタイミングで雨漏りが発生し、別の箇所にも原因があったということが起きます。この場合、基本的には補修工事をした業者が対応するのですが、距離が遠いと伺うまでに日数が掛かってしまうことがあります。
そのため、雨漏り補修は完全に解決するまで迅速に対応してくれる業者に依頼するのがおすすめです。

雨漏り補修をしてもらったけど解決せず、再発後の対応をしてもらえなかったというご相談をよく頂きます。調査に来てもらう際に、雨漏りが解決するまで対応してくれるのか、業者に確認をしましょう。

もちろん、緊急性が高いので急いで依頼したいというお気持ちは分かりますが、完全に直らなければ意味がないので、慎重に業者選びを行ないましょう。

外壁や屋根だけでなくベランダにも防水を

外壁や屋根だけでなく、ベランダにも塗装が必要になります。
特にベランダは水が溜まりやすいので、塗膜の剥離が起きやすいのです。塗膜が剥がれてしまうとカビの発生や塗装そのものがはがれてしまう原因になります。そのため、外壁や屋根と同様に防水塗装をすることが必要になります。

防水塗装
  1. ポイント1ベランダ床に水たまり

    ベランダの床は、排水口へ水が流れるように緩やかな勾配がついています。
    にも関わらず、水たまりがあるということは、汚れが水の流れをせき止めているか、防水機能が衰えている可能性が高いです。防水機能がしっかりと保たれていると、ベランダ自体の撥水性が保たれ、水が流れやすい状態になります。
    目に見える劣化が無くても、水たまり部分は防水層の劣化が進行し雨漏りの原因にもなるため、十分な注意が必要です。

  2. ポイント2ベランダ下の劣化

    ベランダ下を確認できる場合は、定期的に雨染みがないか確認をしましょう。
    もし雨染みが発生している場合はベランダ内の防水層が劣化し、ひび割れや剥がれの発生、さらにそこから雨水が浸入している可能性があります。また、ベランダで使用している木材や鉄骨が雨水にさらされている状態ですので、このまま放置してしまうと家の劣化に繋がっていきます。
    少しでも劣化を抑えるためにも、雨染みを見つけた際は早急にベランダの塗装工事を行いましょう。

施工までの流れ

  1. 雨漏り調査 (調査費用は無料です)

    最短翌日(相模原市、町田市、八王子市、多摩エリア限定)で伺います。
    雨漏りしていたり、壁紙や天井に雨染みが見られた場合は、速やかにご連絡ください。雨漏りを特定するために、散水調査を行います。通常の雨で雨漏りするのか、台風などの横殴りの雨で雨漏りするのかを確かめるために様々な雨を散水調査で再現していく必要があります。目測で「多分ここだろう」と判断し補修することは、雨漏りを再発させる原因となります。

  2. 雨漏り調査結果のご報告

    雨漏りの原因(ひび割れ、シールの劣化など)を特定したら、お客様に丁寧にご説明させていただきます。補修方法も一つではないため、いくつかのパターンをお話しします。

  3. 補修工事見積もりのご提出

    調査結果のご報告をもとに補修工事の見積もりを出し、工事内容についてご説明いたします。

相模原市を拠点
としています

ミヤビユニアローズは、相模原市南区・相模原市緑区・相模原市中央区を拠点として施工を行っております。
地域密着のスピーディーな対応で駆け付けますので、外壁や屋根など家のことでお困りの際はぜひお問い合わせ下さい!

相模原の風景